薄毛の印象アンケート

抜け毛

髪の毛が1日に抜ける数はどのくらい?


薄毛が気になる人は、髪の毛を洗うたびに、排水溝に流れていく髪の量をチェックしているということもあるかもしれません。

髪の毛が1日に自然に抜ける数は100本程度が平均です(健康時)。

抜け毛が増える秋でも150本くらいです。毎日抜け毛を拾って数を数えるなんてことはできませんが、明らかに多い場合がないかくらいのチェックはしておくとよいかもしれません。

ただし、何日も洗髪をしていなかったりすると、ひさびさのシャンプーの時には、多く抜けることになります。

また、偏った食事や睡眠不足、運動不足でも抜け毛は増えます。

この3つは病気にも繋がりますので、気になる方は生活習慣を見直す必要があります。

タバコも育毛対策には最悪です。
喫煙するたびに欠陥が収縮され、血液の流れが悪くなります。髪に大切なビタミンも破壊してしまいます。

親や親戚に薄毛の人がいるかたは特にタバコはやめましょう。

お酒は少量ならば血行を良くし百薬の長ですが、飲み過ぎは逆に結構循環が悪くなりますのでほどほどにしましょう。

ストレスも抜け毛に繋がります。
ストレスがたまっていくと自律神経が乱れ、毛乳頭につながる欠陥が収縮してしまい髪の毛に必要な栄養が行き渡らなくなってしまいます。

自律神経を整えるにはゆっくりと長い呼吸法が効果的ですので、意識的に息をゆっくり長く吐く習慣をおこなうとよいでしょう。

頭皮には健康な色と不健康な色があります。
日本人の健康な頭皮の色は青白い色です。

他の皮膚とは違った色ですが、これが健康な頭皮です。不健康な頭皮の色は、黄色っぽさがあります。
また、赤みやピンク系でも頭皮が酸欠状態ですので注意が必要です。

頭皮を健康な状態にするためには、肩と首、そして頭皮のマッサージを行いましょう。
まずは土壌である頭皮を柔らかくし、血行をよくします。

血液は生物にとって細胞を生成する栄養ですから、血流をよくして栄養を行き渡らせることが大切です。

髪が生える育毛剤



豆乳は育毛によい?


豆乳は育毛対策にとって最良の食品です。
豆乳と聞くと、健康食品でヘルシー、ダイエット時などにもよく食されているというようなイメージを持つ人が多いかと思います。

豆乳とは、ゆでた大豆をつぶして絞った時にでる液体です。
そもそも大豆は高タンパクで低カロリー、納豆や豆腐にもなる代表的な日本の健康食材です。
タンパク質は、皮膚にも筋肉にも内臓にも骨にも血液にもなります。

大豆はタンパク質以外にも炭水化物、ビタミン、脂肪酸、食物繊維などが含まれています。
病院食、老人食、離乳食にも多分に使用されているくらい有能なのです。

さらに高血圧や動脈硬化の予防などにまで有効という優秀食材なのです。

では、豆乳が髪にどのようによいのかというと、やはりタンパク質です。
それも植物性のタンパク質がよいのです。

髪の毛はほとんどケラチンというタンパク質でできているのです。

さらに豆乳にはリノール酸という成分が含まれていて血流を良くする作用があります。

人間にとって血液とは栄養です。
血流がよくなるとその栄養が体の隅々にまで行き渡るようになるのです。

つまり、髪の毛にまで生成に必要な質の高い植物性タンパク質が届きやすくなるということなのです。

豆乳の種類としては、「成分無調整豆乳」「調整豆乳」「豆乳飲料」と大きく3つあります。

これは、大豆のタンパク質の濃度が違います。成分無調整豆乳が、大豆固形分8%以上、調整豆乳が、大豆固形分6%以上、豆乳飲料が、大豆固形分4%以上となっています。

味の違いは飲めばすぐに濃さの違いが分かるかと思いますので、好みに合わせて摂取するとよいでしょう。


※豆乳はよくコンビニなど売られている小さいパックサイズ(200ml)ほどを毎日摂取するのが理想です。

育毛だけでなくヘルシーで健康やダイエットにもよいため、結果、一石何鳥にもなりますからぜひ試してみてはいかがでしょうか。

低血圧と薄毛の関係


「低血圧と薄毛」いっけん関係なさそうですが、関係あるんです。
低血圧の特徴といえば「朝起きるのが苦手」というイメージが強いです。

一般的な症状としては、夜寝られない、冷え症、立ちくらみ、めまい、頭痛、耳鳴り、だるさ、動機、息切れ、食欲不振、胃もたれ、吐き気、下痢、便秘などたくさんあります。

低血圧の人は基本的に末端冷え症気味なので、手足や頭髪など心臓から遠いところの毛細血管に血液が届くにいということがあるのです。

低血圧と貧血は症状が似ていますが、別ものです。
貧血の原因は赤血球、ヘモグロビンが少なく鉄分不足ですが、低血圧の原因ははっきりとは解明されていません。
多くは食事や運動などの日頃の生活習慣や環境、仕事や学校のストレスによる自律神経の影響、また体質などが多いようです。

改善方法としては、ストレッチの習慣化や生活習慣の改善がよいですが、医師のすすめがあれば昇圧剤、自律神経調節剤という方法もあります。

また、整体やハリなどでツボを押してもらったり、漢方の摂取なども人によっては効果的でしょう。

ちなみに低血圧の人に必要な栄養は、亜鉛、鉄、セレンなどのミネラル、そしてビタミンB1、B2などです。

あとは、基本的に体を温める食べ物(しょうがなど)を日常的に摂取するようにしましょう。

では逆に、高血圧と薄毛は関係があるのでしょうか。
高血圧というのは、血管が収縮して血の流れが悪くなっていますので、皮や髪に栄養が行き渡りにくくなり抜け毛に繋がることになります。

当然、健康によくありません。こちらも基本的には生活習慣を正すことにより、改善することができますので、肉中心の食事を避け、


できるだけ運動をおこなうようにしましょう。


【教えて体験談】薄毛で辛かった経験を教えてくださいトップへ