薄毛の印象アンケート

冬の育毛

冬の髪と頭皮の乾燥対策


冬は乾燥の季節です。多くの人は保湿液やリップクリームなどを使用しているかと思います。

そうでもしないと男性でも女性でも、お肌や唇などはバキバキのカサカサになって粉がふいてしまいます。

頭皮や髪もおなじです。冬の時期は乾燥しますのでケアをしなければなりません。

放っておくと、最悪抜け毛にまでつながります。


冬の時期の髪と頭皮のケア方法は、いくつかありますが、おすすめなのがトリートメントと蒸しタオルです。


トリートメントは、髪の表面を油分でカバーし、髪の水分の蒸発を抑える効果があります。

さらに内部にまでタンパク質成分が浸透し栄養を補給するので、リンスよりも効果があります。


コツとしては、つける前にはしっかりとタオルで水気をとってからおこなうこと。

そして、毛先から先につけ、束にしてぎゅっと握るようにも揉みこんでつけることです。

時間は10分程度にしましょう。それいじょうおこなっても効果に差はありません。

蒸しタオルは、水で濡らして電子レンジで温めて頭に巻くだけです。

(熱し過ぎには十分注意が必要です。)
おこなうときは、2枚用意し、ひとつは目の上においても非常に気持ちがよくリラックス効果があるので是非おすすめです。

また、冬は気温が低いので汗もかきにくく、基本的に血行が悪くなります。

血行が悪く血液の流れがよくないということは、栄養が髪や頭皮にまで運ばれにくくなるということです。

つまり、髪が充分に育ちにくくなり、結果、髪が不健康になり抜け毛になります。

特に末端冷え性などの人は指の先まで冷えきってしまいます。


そこで、代謝をあげ血行をよくするおすすめの食材は、乾燥しょうがです。

乾燥しょうがは通常のショウガよりも効果が強烈です。

また粉末のものもありますので、料理に混ぜてもよいですし、スープや紅茶などにも入れてもよいですので使い勝手もよいでしょう。

代謝をあげる効果がすごいので風邪の予防にも効果大です。

フケの原因と対策


フケの正体は古くなった頭皮の角質です。

肌というのは新陳代謝を繰り返し定期的に細胞が生まれ変わっています。

通常の健康な肌は、古くなった細胞が目に見えないくらいの大きさで剥がれ落ちますが、不健康な状態だと目に見える大きさで剥がれ落ちます。

それがフケとよばれるものです。

清浄な肌は28日周期で生まれ変わりますが、不健康な状態だと、7日から20日周期と速いのです。

フケが出る原因はさまざまですが、よくあるタイプは2つです。

ひとつは、不潔にし何日も洗髪をしなかったりして、皮脂が過剰に分泌されてフケがでやすくなります。

もうひとつは、逆にシャンプーのし過ぎによるものです。
1日に何度もシャンプーをしたり、洗う時にゴシゴシと念入りに洗いすぎて、必要な脂分まで取ってしまい、頭皮が乾燥し過ぎてしまうときに生じます。

フケの対策としては、頭皮を不潔にしない、洗いすぎないことでかなり改善されるはずですが、専用のシャンプーもありますのでそちらを使用することで解決できるでしょう。

シャンプーの洗い残しにも注意してください。

頭皮のかゆみ、フケ、抜け毛などになる原因のひとつに、シャンプーのすすぎ残しがあります。

シャンプーがしっかり流し切れず毛穴につまると、炎症をおこしたり、皮脂が過剰に分泌されてすべての頭皮トラブルの根本になります。

マウスにシャンプーをつけたままにした実験では、数日間シャンプーをつけたままにした場所が見事にハゲてしまったという結果も残っています。

ですので、すすぎは時間をかけて丁寧におこないましょう。

具体的には3分以上で、洗髪の時間の倍くらいかけてじっくりすすぎましょう。

すすぎ残しをしやすい場所は、額の生え際、襟足、耳の上ですので、そこはさらに念入りにすすぎましょう。

洗髪は毎日行う生活習慣ですので、ささいなことの積み重ねが後に大きな結果を招きます。
今日から意識的にすすぎをおこなってみてください。

肩こりは抜け毛につながり、薄毛になりやすい?


肩がこると薄毛につながる!なんてピンとこないかもしれません。
しかし、この2つは意外と因果関係があるんです。

肩や首が凝るというのは、肩や首周辺の筋肉が緊張し、血行が悪くなります。
そうなるとその上にある髪や頭皮に血が通いにくくなるということです。

血液というのは生物にとって栄養であり、細胞をつくる大元ですから、
それが充分でなくなるということは、成長に必要なものが足りなくなるということです。

そうなると髪が健全に成長できなくなり、弱々しいものとなり抜けやすくなってしまうのです。

ただでさえ、頭皮や髪への血液の運搬は他の臓器などに比べて優先順位があまり高くはありませんので、 育毛を気にする人は、とくに普段から血液の流れをスムースにしておくことが大切になります。

とくにデスクワークなどでずっと同じ姿勢を毎日繰り返しているような職業の人は要注意です。

血が滞りがちになるということは抜け毛だけでなく、脳にも血液が通いずらいということですから、 脳卒中やウツなどにもつながります。

デスクワーカーで肩こりの方は特に意識して、1~2時間に一回は、 定期的に首や肩の運動やストレッチをおこなうことが必要です。

首や肩をストレッチする際は、素早く動かすとすぐに痛めてしまいがちです。
ゆっくりとおこなうようにしてください。
そのときに呼吸法も意識しておこなうことで全身への血流がスムースになります 。
ゆっくり吐きながら筋を伸ばすようにするのがよい方法です。

呼吸を整えることは自律神経をコントロールできリラックスにつながりますので、仕事の気分転換にもよいでしょう。

また、入浴時やお風呂あがりのときにマッサージをするというのも非常に効果的です。
自分でやるのが面倒だったり、時間に余裕がないという人は整体やマッサージ屋さんに通うもの非常にお勧めの手段です。

※厚生労働省の国民生活基礎調査(2008年)によると、
日本人男性の1000人に58人、女性の1000人に123人が肩こりだそうです。

【教えて体験談】薄毛で辛かった経験を教えてくださいトップへ