薄毛の印象アンケート

坊主にすると髪の毛が濃くなる?

坊主にすると髪の毛が濃くなる?


坊主にすると、「髪の毛が濃くなる」「くせ毛が直毛になる」「直毛がくせ毛になる」こんなことを耳にしたことがあるのではないでしょうか。

率直にいうと、これらは事実ではないようです。そのような噂の原因としては、髪を切った時の断面がそろった状態でまた毛が伸びるので、太くなったようにみえるだけというもの。


また、坊主にしたときがちょうど成長期中で、髪質もちょうど変化の途中だったということ。
以上の2点がだいたいの原因のようです。

考えてみると、中学生くらいのときに運動部の男の子が言っていたのをよく耳にしていたような気がしませんか。

また、中年以降であれば、加齢により頭皮にゆがみが出て、髪質が変わったように感じるです。

とくにくせ毛というのはほとんど先天的なものですので、変化があるというほうが不自然です。
直毛やくせ毛というのは毛穴の形状によって決まります。

ですので、その毛穴の形を変えなければ変化するということはないのです。

変化を感じることがあるとすれば、髪に元気でハリやコシがある状態から髪や頭皮にダメージを与えすぎて、ハリやコシがなくなった状態に変化したことで、以前とは髪質が変わったというようなことがあるかもしれません。

また、男性はAGA(男性型脱毛症)などで薄毛になれば髪の毛が細くなるので、ういった変化になってしまいます。

女性で以前と髪質が変わったという人は、妊娠や更年期でホルモンバランスが変化するせいで多少変化することもあるようです。

ですので、髪質が変わるかもしれないと期待して坊主にするのならば、パーマや縮毛矯正をしたほうが近道といえるでしょう。


美容室でケアをしながらおこなえば髪へのダメージも最小限で済ませることができるはずです。

髪を太くする方法

体毛が濃い人はハゲやすい?


体毛が濃い人はハゲやすい!こんなウワサ聞いたことありますよね。

体毛が濃いといっても、ヒゲが濃い、腕毛が濃い、胸毛が濃い、すね毛が濃いなどそれぞれの場所でも濃さははあると思います。
 
実際には、直接的にはあまり原因にはならないようです。
 

前頭部や頭頂部の薄毛には、男性ホルモンが非常に大きく関係して、体毛が濃いと男性ホルモンの分泌量が多いというイメージが強く、そういう話しが広まっただけということのようです。

なんとなく世間が作り上げたイメージでは薄毛の人は男性ホルモンが強くて性欲も強い、さらにそんな人は体毛が濃いというようなものがあるかもしれません。
 
しかし、実際には体毛が濃いからといって必ずしも髪が薄くなるということはなく、血液中の男性ホルモン量は体毛が濃い人と体毛が薄い人でもほぼ同じということです。

要は薄毛になりやすい体質かどうかということで、
それは遺伝的なものの方が大きいと言えるでしょう。  

確かに男性ホルモンの分泌量が増加すると、皮脂の酸化が早くなり、しっかりケアしないと脱毛の原因になりますが、それは加齢や生活習慣、ホルモンバランスの影響によるものなので、もともとの体毛の濃さとは別の話しです。

直接的には、原因にならないと書きましたが間接的には非常に影響します。

AGA(男性型脱毛症)の原因はジヒドロテストステロン(DHT)といホルモンです。

このホルモンが抜け毛につながります。

そしてジヒドロテストステロン(DHT)をつくるのが、テストステロンという男性ホルモンなんです。

薄毛になりやすい体質の人というのは、つまり男性ホルモンが施す作用の影響を受けやすい人ということなんです。

この体質は遺伝によるものが大きく、対策としてはプロペシアやミノキシジルが効果的でしょう。
考えると体毛が濃くてもフサフサな人もいるし、体毛が薄くても髪が薄い人もいるといえます。
 
結局大事なのはしっかりとした日頃の育毛ケアなのです。



ヒゲを濃くするには?


童顔だからヒゲを伸ばしてすこし貫禄をつけたい。

しかし、ヒゲが薄くて全然伸びない、また伸びてもチョビひげになってしまう。
そんな人も多いかと思います。

髪の毛や体毛の濃さや体質というのは、遺伝でほぼ決まります。
そして、ヒゲを濃さというのは男性ホルモンが影響しています。

さらに年齢も大きく関係してます。20代半ばから濃くなってくるという場合もあります。
ヒゲを濃くする方法としては、フェイスマッサージで血行を良くしたりすることで、
多少は生えやすくなることもあります。

しかし、30歳くらいで薄い人が食事や生活習慣の中から濃くするというのは、
そんなに簡単ではありません。
いま一番即効性があるのは、ミクロゲンパスタという男性ホルモン入りの塗り薬です。

これは塗ったところだけに男性ホルモンを注入することができるので、
ビゲだけでなく、体毛や眉毛にも効きます。

ただし髪の毛には効きませんので育毛にはなりません。
毎日1.2回の塗布でよく、2.3週間で効果がでてくるようです。
通常の薬局で買うことができますし、値段も1000円しないので、
童顔がコンプレックスという人はおすすめです。
ただし、過剰な使用は何事にも副作用が伴いますので用法、容量を守って使いましょう。

ヒゲを薄くするには?


逆にヒゲを薄くしたい人も多いかと思います。
しかし、こちらは生えてくるヒゲの量を減らすというのは簡単ではありません。
脱毛サロンでレーザー治療というのが一番有効ですが、費用も敷居も高いかもしれません。
そういった人はやはり少し値ははっても高級なカミソリで丁寧に剃ることがよいでしょう。

また、また自分の肌の色に近い色のコンシーラーの使用でも、
大分目立たなくすることができるのでおすすめです。

自分でヒゲを抜くという方法はぜったいにやめましょう。
毛穴の炎症や雑菌が入って肌トラブルのもとになります。薄くなるのはほんの一瞬です。

筋トレをしすぎるとハゲやすい?


「筋トレをしすぎるとハゲやすい」
そんな都市伝説を耳にしたことがある人もいるかもしれません。

これは筋トレをすることで男性ホルモンが活発になり、ハゲにつながるという考えからだと思われます。

しかし、考えてみてください。
一般人よりもはるかに毎日筋トレをしている野球選手、サッカー選手、バレーボール選手、柔道選手、格闘家、などを思い浮かべても、とりわけ薄毛の割合が多いということはありません。

また、筋肉増強剤やプロテインなどでも薄毛になるということは科学的にはありません。

というわけで、筋トレをしすぎて薄毛になるということはまったくのウソといえます。

これ同じような都市伝説に「射精のしすぎは薄毛になる」という説です。

これは、精子の中に髪をつくる重要な栄養素のタンパク質やビタミン、亜鉛が含まれていること、そして、射精をすると男性ホルモンが増加する、これらが射精すると薄毛になるといわれる原因でしょう。

まず、射精で放出されるタンパク質、亜鉛、ビタミンの量は微々たるもので、薄毛につながるようなことはありません。

またこれも筋トレの話と同じように男性ホルモンの増加と薄毛には直接関係はありません。

確かによくハゲは絶倫が多いということを聞きますが、これもいってしまえば、絶倫でも薄毛もいればフサフサはいる、ということになります。

やはり薄毛というのは遺伝や体質によるものが大きく関係します。

極論をいってしまうと、ハゲない人はどんなに不摂生な生活をしてもフサフサで薄毛になる要素を持っている人は些細なことで抜け毛に繋がってしまうということです。

ですので、親族や曾祖母に薄毛が多い人は日頃の生活習慣から注意が必要ということです。


【教えて体験談】薄毛で辛かった経験を教えてくださいトップへ